TESになるには、日本衣料管理協会の行う認定試験に合格しなければなりません。試験は、短答式と記述式の2つに分かれ、短答式では繊維製品の品質管理の業務に必要とされる基礎知識を、記述式ではその応用能力をためします。
科目数は短答式が3科目、記述式が2科目で計5科目です。各科目の出題の範囲の概要は次のとおりです。

試験科目

短答式試験[基礎知識を問う]

繊維に関する一般知識
(1)繊維の種類と性質
(2)糸、布地等の種類・製造・性質
(3)染色・加工
家庭用繊維製品の製造と品質に関する知識
(1)衣料品等の企画・設計、製造
(2)衣料品等の要求項目と消費性能および試験法
(3)品質管理と品質保証
家庭用繊維製品の流通、消費と消費者問題に関する知識
(1)消費者行動とその調査方法
(2)消費者問題と消費者政策
(3)経済の変化と衣料の流通・消費
(4)衣料品等の消費と消費者苦情、環境問題

記述式試験[応用能力を問う]

事 例
事例の試験では、繊維製品の品質・性能に関する消費者苦情の発生を未然に防止するための製品企画および品質管理に関する応用能力の有無を問います。
評価は、苦情発生原因の究明、再発防止策など問題解決の的確性に主眼をおきます。
論 文
論文の試験は、繊維製品の品質管理業務に携わるために必要な識見および応用能力の有無を問います。
評価は、繊維製品の品質管理業務に関連する知識とその応用能力および論旨の一貫性、表現の的確性などに主眼をおきます。

※試験時間は各科目60分

受験資格

受験資格に制限はありませんので、どなたでも受験できます。

試験免除

5科目のうち『繊維に関する一般知識』には試験免除の制度が設けられています。
免除審査で免除が認められますと、この科目だけ試験合格と同じ扱いになります。
『繊維に関する一般知識』の免除申請ができる人は、次の「学歴免除」「職歴免除」「資格免除」の3つのいずれれかに該当する人です。

学歴免除

申請できる人大学または短期大学において繊維の技術に関する科目を修得した人。
申請の条件申請にあたっては、次の2点が条件になります。
1.①繊維、②衣服材料、③染色・加工のそれぞれに関係単位が1単位以上あって、合計12単位以上取得していること。
大学院の取得単位も加算できます。
2.①~③にかかわる実験2単位以上が含まれること。
申請に必要な
添付書類
・学歴免除申請書
WordファイルPDFファイル
・単位取得証明書
・科目の内容が分かる資料(シラバス等)

職歴免除

申請できる人国、地方公共団体または企業等で、繊維製品の品質の管理に関する業務に通算5年以上従事した人。なお、転職等により複数の職場にまたがる業務経験は通算年で数えて構いません。
申請の条件「繊維製品の品質の管理に関する業務」とは、繊維製品の企画、生産、仕入れ・販売、試験・検査、品質管理、クリーニング、消費者相談等の職場における「繊維に関する一般知識」の内容を含んだ関連業務を指します。
申請に必要な
添付書類
・職歴証明書(協会所定の様式あり)
WordファイルPDFファイル

資格免除

該 当 者 一般社団法人日本衣料管理協会が審査・認定した衣料管理士の称号をもつ人。
申請に必要な
添付書類
・衣料管理士資格認定証の写

[注意]
 1.申請が認められなかった人は、『繊維に関する一般知識』の試験を受験することが必要です。
 2.免除の可否は審査によって決ります。申請することが免除されることではありません。
 3.免除判定申請には、受験料の他に免除判定申請料6,480円がかかります。
 4.すでに免除された人はあらためて免除判定申請する必要はありません。

とりだめ方式

合格した科目は合格した次の年から数えて3年間有効です。
例えば、2016年度の試験で合格した科目は2019年度まで有効になります。
従って、1回の試験で、すべての試験科目を合格して資格をとることもできますが、4年間で段階的に5科目を取得し資格をとることもできます。

登録

繊維製品品質管理士証の交付

試験に合格し、繊維製品品質管理士として登録された方には『繊維製品品質管理士証』を交付します。
(ビジネスの場で携行できるTES証カードについて →PDF)

登録の有効期限

繊維製品品質管理士の登録有効期限は、登録された日から5年間です。

登録の更新

登録を更新するときは、有効期限の最後の1年間に協会の行う『登録更新試験』に合格することが必要です。

日本衣料管理協会では、「TES試験について」に記した短当式試験と記述式試験のそれぞれに対応したテキストを用意していますので下記に紹介します。TES試験を受験する方は下記テキストの内容の理解が必要です。

短答式試験の受験テキスト

基礎知識を問う短答式試験は
・「繊維に関する一般知識」
・「家庭用繊維製品の製造と品質に関する知識」
・「家庭用繊維製品の流通、消費と消費者問題に関する知識」
の3科目により行なわれます。
この3科目に対応したテキストが『新訂 繊維製品の基礎知識シリーズ』です。

『新訂 繊維製品の基礎知識シリーズ』
B5版 3分冊 計498ページ
価格 5,600円

*新訂版平成28年12月8日販売開始 →改訂のポイント

記述式試験(事例)の受験テキスト

応用能力を試す記述式試験は「事例」「論文」の2科目により行なわれます。そのうち「事例」試験は、繊維製品の品質・性能に関する消費者苦情の発生を未然に防止するための製品企画および品質管理に関する応用能力の有無を問います。「事例」試験に対応したテキストが下記の4冊です。

『繊維製品の品質苦情ガイド
-消費者苦情の原因究明・再発防止策-』

*改訂版平成28年12月8日販売開始 →改訂のポイント
B5版155ページ 
価格 2,500円
『繊維製品の苦情処理技術ガイド
(色に関する苦情)』
A5版 140ページ(写真10ページ)
価格 2,050円
『繊維製品の苦情処理技術ガイド
(損傷・形態変化等に関する苦情)』
A5版 203ページ(写真14ページ)
価格 2,300円
『繊維製品の苦情処理技術ガイド
(縫製・安全性・表示等に関する苦情・不適正)』
A5版 156ページ(写真2ページ)
価格 2,140円

TES試験の試験問題集

過去5年間のTES試験問題(解答例付)
(平成25年~29年度分収録)  
価格 2,300円

各書籍・テキストの購入、お申し込み

お申込みはホームページのご注文画面、E-mai、またはFAXにて承ります。
お名前、お電話番号、お届け先住所(郵便番号)、ご希望の書籍名、部数を記入し、協会事務局へお申し込みください。
お申し込みの方へテキストを宅配便でお届けします。代金は郵便振替の払込用紙を同封しますので、最寄りの郵便局を通じてお支払いください。
なお、送料はお客様負担となりますのでご了承ください(500円~750円程度:注文数量により異なります)。
*新しいテキスト(編集中のテキスト)をご希望の場合は、刊行後にご注文ください。

その他、ご不明な点がございましたら、協会事務局までご連絡ください。
一般社団法人日本衣料管理協会 事務局
  〒105-0011東京都港区芝公園2-11-13-205
  TEL.03-3437-6416
  FAX.03-3437-3194
  E-mail:jasta@mtb.biglobe.ne.jp 協会発行のテキストは、全て直販とさせていただいております。原則として、一般の書店でのお取扱いはございません。
ご購入希望の方は、協会へ直接お問い合せください。